• 駐車場経営 月極めとコインパーキング

    土地を所有していると、利用していなくても固定資産税などの維持費がかかるほか、人目につきにくいもの影があると、不法投棄をされるなど、管理の負担もあります。

    立体駐車場に関するお悩み解決にはこちらです。

    しかし、貸地にすると自分で使いたいときや売却したいときに自由にならなくなるし、建物を建てて賃貸経営するには、同様に自分の自由に利用できなくなるほか、建設費用も掛かります。



    駐車場なら、借地借家法の賃借人の保護が及ばないので、自分で利用したいときや売却するときには、いつでもやめることができて低リスクです。



    しかし、都市部では車離れが話題になるなど、駐車場の需要自体が減っているほか、住居のように引越費用が掛からないので、より安い条件などを求めて移動してしまうこともあり、近隣との価格競争に巻き込まれやすいのも難点です。
    コインパーキングなら、大手の機械式駐車場業者が一括借り上げして、設備投資も業者負担で始めることができます。
    一括借り上げなので、稼働率が良くても悪くても、その利益はオーナーではなく、駐車場業者のものですが、逆に言えば、リスクなしに安定収入を得ることができます。機械の設置などの初期投資を回収するため、最低契約期間として2年から3年などの決まりがあることもありますが、その期間を過ぎたら、解約することも自由です。月極めで入居者を募集する方法と、コインパーキング事業者の一括借り上げを利用する方法、それぞれの賃料見積もりを作って比較してみるのがおすすめです。