• 駐車場の車庫入れの練習

    目の前が狭い道路の駐車場の車庫入れは、難しいものです。何度も何度もハンドルを切り返すことでようやく入れという人は少なくないと思います。

    実際に車庫入れが難しいと感じてる人は多くいます。

    ある調査によりますと車庫入れが苦手だという人や車庫入れをしている時に後続車にクラクションを鳴らされるなどの経験を持つ人は少なくないようです。

    実に80%以上の人が車庫入れで苦労しているようです。

    立体駐車場情報は信頼性が高く、好評です。

    狭い場所での駐車場の車庫入れは大変緊張します。

    自分の車をぶつけたらどうしようというように思いますし、また隣の車にぶつけたならば厄介なことになりかねないと考え思い手に汗をかくかもしれません。
    ではどうすれば上手に車庫入れを行なえるできるのでしょうか。


    車両感覚を掴むようにするのがポイントです。

    車両感覚を掴むためには練習しかありません。

    もちろん、道路が隣接している駐車場ではそのような練習はできないでしょう。


    ですので、ショッピングモールなど駐車場が広いところで練習します。

    混雑する土日祝日以外で、車の駐車台数が少ない時間帯を選んで駐車場の端の方で練習してみます。



    そのように何度も練習を繰り返すうちに、どこでハンドルを切り始めたら良いのか、またどの角度になるならばもっとハンドルを切ったら良いのかと車両感覚が身につくようになります。



    そのような車両感覚さえ身につけるなら、車を新しく入れ替えたとしても、車庫入れが容易になるはずです。
    車庫入れの難しさからくるストレスから解放されるのはいかがですか。