• 駐車場経営のメリットとデメリット

    土地活用の一つの手段として駐車場経営が最近では注目されています。どの程度の規模でどのような駐車場を用意したいのかにもよりますが、平面駐車場ならば初期投資額はかなり低くても可能です。

    立体駐車場のマニアックな情報をお届けします。

    賃貸経営だと建物を建てたり部屋を借りるのにかなりの費用が掛かるだけではなく、修繕も必要となってきます。


    投資額が少なくて済むという事は、事業が上手く行かなかった場合にも負担はそれほど大きくなくて済みます。



    また、更地にするのにもそれほど大がかりとはならないために、比較的別の目的での運用に切り替えやすいというメリットもあります。


    それ以外にも、駅から遠くてマンションなどだとなかなか人が来ないような立地や、狭い部分の土地であったとしても、運用が行いやすいという点も魅力的です。
    一方で、アパートやマンション経営の場合、住宅用地となるために固定資産税などの減税がありますが、駐車場経営の場合は更地として扱われるために税負担が大きくなります。また、減価償却費が不要であるという事は初期費用をそれほど掛けずに運営する事が可能というメリットがある半面、所得税負担も減価償却費が無い分だけ大きくなります。
    あまり他の土地活用方法が出来ないような土地でも手軽に活用する事が出来る点が駐車場の魅力ですが、その一方で税負担も考えると大幅に利益を上げるのは難しく、よほど恵まれた環境で無ければ投資としての魅力はそれほど大きくはないです。
    ただ、更地のまま何もしないで税ばかり取られるよりは、収入で税を払うぐらいの期待は出来ます。